葬儀の流れ

葬儀から一周忌

ご逝去からお通夜まで / 葬儀・告別式 / 諸手続き

葬儀が終わって

挨拶回り

葬儀後、2〜3日中に「挨拶回り」へ赴きます。
訪問先には事前に連絡しておきます。

○ 寺院など
○ 世話役代表とお世話いただいた方
○ 親戚
○ 近所の方
○ 故人と特に親しかった方
○ 会社関係の方

故人の勤務先

勤務先への挨拶回りでは、故人の公的手続きも同時に進めることになります。
事前連絡の際、用意する物などを確認します。

○ 身分証明書
○ 会社の鍵やバッヂ
○ 社会保険証。厚生年金手帳
○ 印鑑

その後、勤務先では「給与・退職金・持ち株・団体保険や埋葬料・遺族年金」などの支払い準備が進みます。

葬儀後、遺族がしなければいけないことは少なくともこれだけあります。

○ 死亡通知・お礼状
○ 香典返し
○ 法要
○ 補助金申請
○ 遺産相続
○ 税控除
○ 確定申告

これらを滞りなく行うため、以下のような基本台帳を整理・作成します。

図5

死亡通知とお礼状

通夜・葬儀の連絡が取れなかった方へ、「死亡通知」を送ります。

遺言書

図1
遺言書の有無を確認します。遺言書は、財産・相続・身分に関する公的証書です。
民法が定める遺言は右記の通りです。

位牌と仏壇 →すゞや仏具店

「中陰壇」に安置する「白木位牌」は、忌明け以降「本位牌」になります。ご位牌は戒名等を入れなければなりませんので、早めに準備します。
ご自宅に仏壇がない場合は、忌明け法要までに用意します。新しい仏壇はご住職に開眼供養をしていただきます。


法要について


忌中と喪中

「忌中」とは、仏式では「四十九日」の忌明けまで、神式では「五十日(祭)」の忌み明けまでの期間です。
「喪中」の期間は、仏式も神式も故人が亡くなられてから1年後の命日までです。喪中の間、遺族は慶事・祭礼などへの出席を差し控えます。
キリスト教では喪に服するという習慣はありませんが、日本の生活習慣として、慶事・祭事などへの出席は控えることが多いようです(故人を偲ぶ会などを開きます)。

忌明けと中陰供養

仏式の法事は「中陰供養」と「年忌法要」とに分かれます。「中陰」とは、故人の来世が決まるまでを指し、亡くなられた日から四十九日までを言います。
忌明けまで七日目ごとに法要を行う日が訪れます。

図2

四十九日が「忌明け法要の日」です。
四十九日をもって「中陰壇」は取り払います。

忌明け法要の準備

会場・日時が決まったら出席を願う方へ案内状を出します。
法要後、会食を執り行う場合は、併せて準備します。

形見分け

故人が生前愛用していた品々を、親族や親しくしていただいていた方に「形見分け」として贈ります。忌明け後、またはそれ以降に贈ります。
※故人より年上の方には、本人から要請がない限り贈らないのが礼儀です。

香典返し

一般参列者が通夜・葬儀・告別式の会場から帰る時に渡す「即返し」と忌明けに行う「後返し」があります。「後返し」の場合、香典帳を確認し誰にどのような物を送るか決めます。
通常「半返し」「3分の1返し」を基準にするのが相場のようです。
※故人並びにご遺族の社会的立場や経済状況により異なり、地域差もあるようです。


納骨とお墓


納 骨

自宅に安置する遺骨は、「四十九日」「百ヶ日」または遅くとも「一周忌」までに納骨します。
「納骨法要」には、ご親戚や故人と親しかった方に出席をお願いし、僧侶にお勤めをしていただきます。線香・ろうそく・お花・桶・柄杓・供物などを用意しておきます。
納骨には火葬済みの証明のある「火葬証明書(埋葬証明書)」と「印鑑」が必要です。

お 墓

新たにお墓をお求めになる場合、「寺院墓地・公営墓地・民営墓地」の3種から選ぶことになります。「墓碑・墓石」や、棹石に刻印する文字を決めます。
お墓が整ったら僧侶に頼んで「開眼法要」のお勤めをしていただきます。この時同時に納骨法要を行うことが多いようです。


年忌法要

図3

一周忌

故人が亡くなられた日からちょうど1年後、同月同日の「祥月命日(しょうつきめいにち)」に執り行います。この日で遺族の喪中期間が終わります。 「一周忌」にはもちろん僧侶の読経・列席者の焼香などで固辞の供養を行います。

一周忌法要の準備

日時会場を決め、ご親戚や故人と親しかった方へ案内状を送ります。「祥月命日」当日が難しい場合、それ以前の日に執り行います。
また会食の準備もします。会場は、寺院やご自宅の場合が多いようです。この日にお墓参りをするのが一般的です。


<< 諸手続き

プランご案内
 必要なもの、全て
 ご用意致します
葬儀の流れ
 もしものとき、
 まずすべきことは…
会館ご案内
お問い合わせ
お電話にて
受け付けております。
協力会社
リンク
 各機関・その他
ちぎりクラブ
 会員募集中
万一の時は昼夜を問わずご一報下さい。
年中無休・24時間受付
(株)ちぎり葬祭
0532-32-1712(代)